So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年仕事納め [■お仕事]

今年もこのブログ更新を以って仕事納めとさせて頂きます。
 
2011年は日本にとって忘れてはいけない一年となりましたが、僕にとっても忘れてはいけない大事な一年となりました。
見栄を張るべきだと思うのですが、このブログやtwitter、Facebookで情報を公開しまくってますので、
今年の残念な結果は誰の目から見ても明らかなモノだったことをここで自白させて頂きます^^;
これも全ては僕に原因があったものであり、「今年で変わらなければいつ変わるんだ!」
と思いながら今年の後半は過ごしていました。
 
一年を通じてあまりにも反省すべきことが多く、順序が付けるのが難しいくらい、
家族、友人をはじめ、今年は色んな方にご迷惑、ご心配をお掛けしてしまう一年となってしまいました。
ご迷惑を掛けた皆様、本当にごめんなさい。「しょうがねぇな~」と、大目に見て頂けると助かります^^; 
 
 
来年はこの仕事をするうえで、まず何よりもやるべきことだと考えていた「自邸建築」が実現します。 
それもきっかけにして、今年しゃがんだ分、来年はより高く飛べるよう精進したいと思います。
まずはお読み頂いている皆さんに良い報告が出来るよう、目先のことを色々頑張りたいと思います。
 
今年もこの稚拙なブログをご覧頂き、誠にありがとうございました。
niceやコメント、そしてリアルでのコメント。このブログを通じて今年も様々な出会いがありました。
その出会いや励ましにいつも感謝しております。
記事更新の励みになってますので、変わらぬご支援を来年も宜しくお願い致します。 
年間100記事の目標にもあと2つ足りませんが、今年は達成しない方が今年らしいと思い、無理な更新は控えました^^
来年もこのブログをご覧頂ければありがたく思います。
 
今年の後半からはわりとFacebookに力を注いでおり、twitterやブログからは離れ気味でした^^;
ブログを終わらせるつもりは無いのですが、より興味をお持ち頂ける方はFacebookにて申請頂けると嬉しい限りです。
どちらかというと家族ネタが多いのが恐縮してしまうところですが・・・(笑)
 
来年は1月5日(木)から始動します。
それでは皆様、良いお年を~。
 
加門建築設計室

nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

神沢の家 基礎配筋検査 [ ・神沢の家]

仕事納めは「神沢の家」の基礎配筋検査でした。
 
神沢の家 配筋検査.jpg
 
【神沢の家 配筋検査】
 
配管関係も確認し、午後の打設に向けチェックしました。
今週は雪も降ったので、結構仕事が大変だったと思います。 感謝、感謝です。
瑕疵保証の検査にも合格し、午後はベースコンクリート打設。
 
神沢の家 打設.jpg
 
【神沢の家 基礎コンクリート打設】
 
久しぶりに打設時に立ち会うことが出来ました。
年内のお仕事はここまでです。年末年始の休暇を養生期間に費やし、
年明けに立上がり基礎を打設して、いよいよ上棟です^^ 
ちなみに餅投げはやる予定はありません^^;
 
加門建築設計室

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

岐阜県土岐市 戸建賃貸5棟 完成見学会 [■オープンハウス]

岐阜県土岐市にて戸建賃貸の完成見学会が年明けの1月15日(日)、16日(月)に行われます。
 
oleth泉明治.jpg
 
【oleth 泉明治】
 
 
予めお伝えしておくと、僕はデザインには関与していません^^;
プロジェクトの設計監修を色々お手伝いさせて頂いてます。
 
 
□日時  2012年1月15日(日)、16日(月)
 
□場所  岐阜県土岐市泉明治町
 
□完全予約制
 
 
電話でのご予約    TEL0572-22-2650 ㈱エーテル 担当:伊藤  
メールでのご予約    http://oleth.info 
 
 
15日(日)は僕も設計監修者として参加を予定しています。 
 
加門建築設計室

nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

年末年始休業のお知らせ [■お知らせ]

年末年始の休業期間をお知らせいたします。

 

休業日 12月29日(木)~1月4日(水)

 

休み中もメールは確認致します。ご理解の程、宜しくお願い致します。

加門建築設計室
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

神沢の家 砕石パイル【HySPEED工法(ハイスピード工法)】 [ ・神沢の家]

「神沢の家」の地盤改良工法は砕石パイル【HySPEED工法】を選択しました。
 
建築地を名古屋市のハザードマップで確認したところ、液状化危険エリアにギリギリ入るか入らないかの
微妙なエリアだったことと、地盤調査の結果、地下水位がかなり高いということが判明したので、
液状化対策も兼ねてこの工法を選択しました。
 
適用地盤に限りがあり、クライアントさん宅でも採用できれば良いとは思ってましたが、なかなか適用できる地盤が無く、 
あとは、どこかで使ってみるだけという状況でしたので、自邸にはちょうど良いと思ったのも理由のひとつでした。
 
 
砕石パイル.jpg
 
【予め設計された位置へ専用ドリルをセット】
 
 
 
砕石パイル1.jpg 
 
【設計深度まで掘削】
 
 
 
砕石パイル2.jpg
 
【天然砕石を投入し、専用ドリルにて転圧】
 
 
 
砕石パイル3.jpg
 
【施工完了】
 
 
全ての施工が完了した後、載荷試験を行い強度を確認します。
(立ち会いたかったのですが、予定が合わず・・・)
 
 
 
砕石パイル施工後.jpg
 
【全箇所施工完了時】
 
 
実際の効果がわかる時は来てほしくないですが、
施工を見る限り安心して勧めることができることはよくわかりました。
実は色々トラブルもあったのですが、人災ですので割愛します(笑)
 
デメリットと思われた工事価格は思ったほどは高くなかったという印象です。
今後、適用すべき地盤の場合はお勧めしたいと思います。
 
加門建築設計室

nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅